士別の葬儀会社なかむらからのお知らせ

士別市の葬儀会社 なかむらからの最新のお知らせ

2019/03/21 「葬儀社として・地域の民間企業と士別市の発展のため。」

 春らしくなってきました。

ですが・・・風邪も流行ってますね・・・(^^;

くれぐれも自己防衛を忘れることなく日々を過ごさなきゃ

いけませんね。



 3月のスケジュールを見た時に・・・愕然とするような

慌ただしさでありまして・・・・(T_T)

もうひと踏ん張りですので頑張りたいと思います m(__)m



 忙しいのは今月に限らないことですが (^^;


毎週訪れる友引。その日は葬儀(出棺)を嫌う風習があります。

ということは前の日の友前にはお通夜ができないことが多く

業界関連の集まりが頻繁に行われます。


色々な役員で携わっている私は当然任務があり、地元を留守に

することが多くなっております。というかほぼ毎週留守です(T_T)


ですが業界と会社の更なる発展のために頑張って参りましたが

やはり地元士別市と地域のことが最優先事項となるのは当然の

ことであります。



そのため地元でも多くの公職や責務がありますが、どうしても

犠牲になっていた部分も正直ございます。


業界だけでも重責が6つ。 地元に至っては数知れず (^^;



ですが自分なりに何事にも真摯に一生懸命向き合ってきました。



そして 地元紙の新聞報道などで知った方もいるかと思いますが

この度重責を担うこととなりましたm(__)m

一言で表現するならば民間企業を側面から支える組織の・・・

副理事長です m(__)m



今までも協会の理事と若手組織の委員長を務めて参りまして・・

自分なりには役不足の面もあったと思いましたが・・・



大野裕一郎理事長と小林一男副理事長との三役構成となります。



理事や評議員には士別市を代表する大先輩ばかりが名を連ね、

恐縮するばかりであります m(__)m



なぜ若輩者の自分が・・・と悩みましたが (◎_◎;)



必要とされるうちが華と捉え、精一杯地域のため、士別市の

ために頑張って参る所存です。



もちろんまだまだ業界発展の為にも任務を遂行している最中ですが

来月に1つ・1年後には2つの重責が終わる予定です。



昨年の2度の入院で馬力が多少減速しているかも知れませんが

自分自身の比重バランスを鑑みながら毎日を大切に生きていく

決意でございます。


誰でも体は1つしかありません。



バランスの配分を変えながら今後も地域の皆様から必要と

される葬儀社であり続け、必要とされる自分自身でありたいと

強く思います。



今後とも皆様、ご指導とご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます

 m(__)m


頑張りますm(__)m 18日に開催された北葬協理事会。
←前へ ↑一覧へ 次へ→

株式会社なかむらへのお問い合わせ

  • 一般葬儀のご相談はなかむら24時間窓口へ 0120-087209 年中無休・24時間対応
  • メールフォームでのお問い合わせはこちら

ご自宅にお伺いするのでも、事務所に来ていただくのでもどちらかご都合良い方をお知らせください
お電話の際にはホームページを見たとお伝えください。