士別の葬儀会社なかむらからのお知らせ

士別市の葬儀会社 なかむらからの最新のお知らせ

2019/07/18 「令和元年度 士別神社例大祭」

 連日 蒸し暑くなってますね・・・バテてませんか?(;´∀`)


15日は士別神社例大祭 本祭り。


早朝より社務所で裃を着付けて頂き いざ頂上の神殿へ。 

こんなに連日、神殿内に入ることもなかなかないですね(^^;

きっと良いことが起きる・・・そんな予感がします( ;∀;)


朝のうち小雨模様でしたが日中は曇り空で、あまり日焼けも

しないで済みました。


午後からのパレードには多くの人々が沿道に詰めかけ、お祭り

らしい光景を見ることができました。


今までとは違い、初の副委員長ということもあり諸先輩の

皆様にご指導いただきながら この数カ月を過ごしてきました。


何度も集まり、Tさんと寄付金集めにガムシャラに走り(笑)

祭典委員長・副委員長、そして神社総代役員と一体となって

ひとつの形が出来上がる過程を目の当たりで見て感じることが

できたお祭りでありました。

しかも開基120年という節目の年で最後は神殿前にて

餅まきまで行われ、めでたし・めでたし (*^▽^*)


最後にもう一度、委員長・副委員長、総代役員で神殿内での


儀式の始まり・・・。


木枠で布張りのイスに座る・・・・。

?? なんか居心地が・・・。開始5分・・・。

ビリビリ! グシャ! ガチャガチャ!・・・・。

厳かに静寂な空気が流れる神殿内で 自分のイスだけ 

無残に壊れ 1人・ひっくり返っている自分がいました(^^;


恥ずかしさよりも完治していない膝が異常に曲がり悶絶(;´Д`)


周囲の皆さんで起こしてもらい (^^;


斜め前に座っている 牧野市長が何度も「膝本当に大丈夫?」と

心配をして頂き・・・(^^; 情けないやら恥ずかしいやら(^^;


儀式修了後、皆に「これがホントの罰当たりだな(笑)」とか

「今年はもう入院しないで済むよ」など冷やかされましたが

神殿内の前で・・・しかも神様の前での出来事に、自分自身

今後もしっかりと身を引き締めていく覚悟です(`・ω・´)ゞ



織戸祭典委員長・他携わった全ての皆様・・・

本当にお疲れ様でした m(__)m












お祭りは 北と南で毎年交互に司ります。


2年後は何をしているのか。意外と遅いようで早い2年後。

自分は果たして元気なのか(笑)


そんなことを思いながら過ごした1日でもありました。


祭典委員長ご夫婦で 神殿へお神輿が返っていく模様 最後には餅巻きで締め!
←前へ ↑一覧へ 次へ→

株式会社なかむらへのお問い合わせ

  • 一般葬儀のご相談はなかむら24時間窓口へ 0120-087209 年中無休・24時間対応
  • メールフォームでのお問い合わせはこちら

ご自宅にお伺いするのでも、事務所に来ていただくのでもどちらかご都合良い方をお知らせください
お電話の際にはホームページを見たとお伝えください。