士別の葬儀会社なかむらからのお知らせ

士別市の葬儀会社 なかむらからの最新のお知らせ

2019/11/03 「人の為・地域の為・士別市の為  敬服します m(__)m」

 今年もあと2ヶ月・・・早いものですね・・・


そうすぐ雪のチラつく季節・・・⛄


市内でも風邪が蔓延気味。自分自身も気を付けなければ(/ω\)



新聞紙上でも掲載されておりましたが、先日 商工会議所の

臨時議員総会が開催されました。


内容は人事案件中心でしたが、個人的にも尊敬する鈴木会頭の

続投。就任時は1期3年と公言をしておりましたが、途中で

投げ出すことは出来ない!との思いで 続投決定。


皆様ご承知の通り 街中中央に位置する建物の解体~交流プラザの

建設。駅前再開発などなど重要で大きな案件が道半ばとなっている

ため、自ら判断したようであります。


人口減少を始めとする様々な問題で 危機感と将来を不安視する

空気が漂い、決定的な打開策や解決策も見出せず、混迷を極める

この地域においても 希望の光が注ぎ込まれた瞬間でありました。



「官ではなく民のチカラで」


口先だけではなく率先して実践し 成果を残してきた経緯もあり

最近では牧野市長も各所で「民のチカラ」を連呼するまでに

なっております。



交流人口の受け入れ態勢に伴うグランドホテルの客室増床や

各企業誘致など限界説まで出始めたこの地域に「民のチカラ」で

少しずつではありますが 兆しが見えてきたのも事実。


その反面・減少傾向の合宿選手のピーク時の低迷といった側面も

あり、バランスの重要さが問われる時期にきているような気が

致します。



最近、危機感からか いろいろな方と地域や観光・企業や

官と民の在り方などを話すだけではなく激論を交わすことが

多くなってきました・・・年のせいなのか(^^;



思ったことや感じたこと



愚痴や文句を連ねる人 口を開けば評論家のように誹謗中傷を

生き甲斐のように語る人。あまりにも今の世の中 多すぎる

ような気がしてなりません。



大切なのは主体的に 熱意をもって英知を出し合い 協調性を

重んじ どのように展開して行けば理想の着地点に到達できるか

そんな行動をできる人がもっと増えると 活気漲る地域や各企業

になれると・・・・信じてなりません。



若い人がいない・・・とか そういうレベルではないのです。



冒頭の鈴木会頭曰はく・・・・


紙上には書かれておりませんでしたが・・・・

体もボロボロ 精神的にもボロボロの満身創痍。

奥様からも心配されているとのこと・・・。



それを踏まえての 責任感と背負った義務の遂行を前面に

出しての決意表明。



敬服しますm(__)m



自分自身に照らし合わせた時 不甲斐なさに恥ずかしくもあり

忘れかけていたものを教えて頂いたような気が致します。



お体に気を付けて頑張って下さいませ m(__)m



微力ながら・・・応援とお手伝いをさせて頂きます m(__)m




今 隣町名寄市で 大手企業の撤退や社協がらみの問題などで

大変な岐路に立たされています。



士別市も 他人ごとではないことは承知の通り。



ラグビーが教えてくれた「ワンチーム精神」を確りとそれぞれの

括りの中で再考し、課題を少しずつ解決しながら今後の成功を

イメージすることで融和の図れたそれぞれの未来が切り開かれる

ものだと 強く思います。













 


←前へ ↑一覧へ 次へ→

株式会社なかむらへのお問い合わせ

  • 一般葬儀のご相談はなかむら24時間窓口へ 0120-087209 年中無休・24時間対応
  • メールフォームでのお問い合わせはこちら

ご自宅にお伺いするのでも、事務所に来ていただくのでもどちらかご都合良い方をお知らせください
お電話の際にはホームページを見たとお伝えください。